MENU

運転免許は小なり大なり

運転免許と言うと、小なり、大なり、その範疇は広いのです。小さなものでは原動機付き自転車と言う小型のバイクを指します。そしてこの原動機付き自転車の場合、運転免許の資格は学科試験だけで免除されると言うものです。二輪車ではありますが、エンジンとしても小型のもので、運転しながらに、危険性としても、それこそ大きくなく、走る速度もそんなに早くはないと言う事も加味して、試験的にも軽減されての免許交付となる訳です。但し、知識をしっかりと理解していないと、原動機付き自転車であろうが、資格取得できない場合もあります。原動機付き自転車の他に自動二輪車がありますが、コチラになると少々排気量が多くなりますから、タイプが別れるのです。運転免許には原動機付きの部分と自動二輪の部分に数字が入ります。

次に小型特殊自動車と言うものがあります。これは、大凡時速が15キロで走行する小型の自動車の免許となります、一般的には農作業用のトラクターなどが大半を占めるのです。また、この小型特殊自動車の免許があれば、原動機付き自転車の運転免許を取得していなくとも運転できると言う免除があります。ですが、この小型特殊自動車の場合には、学科試験に加えて、実技の試験もあり、免許センターにて、実技試験を通過しないと合格できず、免許は交付されないのです。そして、次には普通自動車のタイプになるのです。この運転免許が最も多く、持ち合わせている運転免許となるのです。大凡の自動車の運転が可能となり、また、その運転免許を取得するにも学校に通って授業を受けるなどの経過も必要なのです。

Copyright (C)2018一般的な資格 運転免許の役割とは.All rights reserved.