MENU

運転免許は自動車教習所が始まり

運転免許は、手続きをして取得されるものではなく、段取りを踏み、それぞれのステップを踏んで、一定の期間を経て取得されるものなのです。但し、必ずしも、一度で取得できると言うものでもないと言う事を前提にする事が必要なのです。それは基本が自動車教習所にて教習を得なければならないと言う事なのです。実質、学校に通うと言う事になります。その期間は大凡一カ月が目途となります。場合によっては、それ以上に長期間を要する場合もあります。この自動車教習所で、運転または自動車に関しての基礎と応用を学ぶのです。もちろん、講義もあれば、実技もあります。最初は講義が主で、座学となり、数時間授業を受ける事に成ります。その後、座学の最終として運転免許の登竜門となる学科試験を受けるのです。

その学科試験に合格すれば、次には実技の教習へと移り、初めて実際に自動車に乗車して運転免許に必要な運転技術を学ぶのです。最初は教習所のコースを決められた時間帯で何度も運転する事になります。もちろん、隣の座席には教官が乗車していますので、運転者の動きが逐一見て取る事が出来るようになっています。その教習所の実技で、様々な運転技術を習得し、それにより、実際の公道を運転する教習に移るのです。但し、ここで言う次の授業を受けるためには教官のサインが必要となるのです。実は自動車教習所では、授業を飛び越して受ける事が出来ない仕組みになっており、必ず、一度受けた授業にて講義した教官のサインを受領しなければ次に進めない事になっているのです。それだけ運転免許取得には時間が掛かるのです。

しかし、私以外に今運転免許を持っている人はいません。怖いなど言っていられない上に、主人が体調悪いのですから、一刻も早く帰宅してあげたいわけです。ドキドキしながら、何とか帰路につくことができました。私の免許はこうゆう時に役立つ為にあったのだと感じずにはいられませんでした。これから先、主人に任せきりにせず、私自身もしっかり技術を上げていかなければいけないなと感じました。

Copyright (C)2017一般的な資格 運転免許の役割とは.All rights reserved.