MENU

運転免許は最強の証明書

運転免許は取得する為に免許センターへ1ヵ月程通い、教習を受け、費用も30万以上必要になる証明書です。30万以上というのは、スムーズに行けば所定の金額で取得することができますが、「まだ試験を受けさせるわけにはいかない」と教官が判断した場合、補習を1回5000円程度で受けることになるため、補習の回数と、試験に合格するまで、いくらでも費用がかかってくるという訳です。運転免許は運転をする際には勿論携帯しておかなければならないものですが、運転をしない人でも恐らく常に携帯していると思います。というのも、運転免許は最高の自分自身の証明書だからです。何かに加入するときや購入するとき、「身分証はお持ちですか」と尋ねられることも多いでしょう。そこで、保険証やパスポートという手段もありますが、保険証には顔写真が記載されていない為、使用できない場合があります。パスポートは日常的に携帯している方はあまりいないでしょう。しかし、免許証ならば1発で自分自身の証明ができるのです。

取得後、ある一定の期間に点数を引かれることがなかった場合は、ゴールド免許と呼ばれる免許の一部分が金色になる免許を貰えます。私はペーパードライバーのためゴールド免許ですので、ゴールド免許=運転が上手・安心とは思わない方が良いです。ただ、ゴールド免許の場合は、更新期間がゴールド以外の方より長かったりと便利です。また、ゴールドのみ免許更新が可能な施設というものも存在していますので、ぜひすべてのドライバーの方にゴールドを目指してもらいたいと思います。

Copyright (C)2017一般的な資格 運転免許の役割とは.All rights reserved.